新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


■米ドル/円
情報量が多いので入門に最適。
世界で最も信用されている通貨として安心して取引できる。
スワップポイントは高い方なので長期保有にも向いている


■オーストラリアドル/円
米ドル、ユーロ、円、英ポンド、スイスフランの次に取引の多い通貨で安心度が高い
2000年頃は1オーストラリアドル55円と安かったが、景気回復などで現在は100円を超え、さらなる値上がりが期待できる。
2001年頃は貿易赤字は鉄鉱石などの資源の値上がりで改善され、長期保有すれば値上がりが期待できる。


■ニュージーランドドル/円
最大の貿易相手国がオーストラリアのためオーストラリアドルとの関係性が強い。
日付が変わって世界で一番早く始まる市場だけに政治経済の大変動の影響を真っ先に受ける可能性がある。
金融市場規模が比較的小さいので巨額の資金が一時に流出入することで相場が乱高下する可能性がある。
オーストラリアドル以外の通貨との関連が薄いので比較的変動が小さく、差益狙いは不利。
スワップポイントは高い方なので中長期保有に向いている。


■カナダドル/円
米ドルとの連動性が高い
オーストラリアドルやニュージーランドドルほどではないが高金利のため中長期保有に向いている。
デイトレードなど超短期での利幅取りには向かない。


■ユーロ/円
米ドルが売られる時に資金が逃避してレートが変動するのでトレードのチャンスがある。米ドルよりも変動が大きいので為替差益を狙える
スワップポイントも高めなので中長期保有にも向いている


■英ポンド/円
値動きが激しくしかも高金利通貨なので、ある程度の経験値を持つ投資家が取引差益とスワップを狙うのに向いている。
原油価格と値動きが連動する、いわゆるオイルマネーの側面も持ち、値幅が大きいのでデイトレードに向いている。
上級者向け?


■スイスフラン/円
ドイツ経済の動向がスイスフランに影響する
ほとんど値動きのない安定した通貨なので変動による差益を狙うのは難しい
金利が低いためスワップも小さく、対円での中長期保有などには向かない
(あまり意味ない?)


■南アフリカランド/円
10円台で安定し、動いても数円というほど安値安定した通貨
変動がほとんどないので短期の差益狙いなどには向かないが、金利が非常に高い通貨のため、1年ほどの長期保有によって大きなリターンが期待できる。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

<<上地雄輔のブログが殿堂入り | ホーム | FXで値が上がる瞬間は>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanamehackday.blog17.fc2.com/tb.php/42-8efb36ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。