新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。




デザイナーの仕事は、完成済みのアイデアをより魅力的にすることではない。

ビジネス社会のあらゆる場面に適用できるアプローチ、個人やチームが活気的なアイデアを生み出して実行し影響を与えられるアプローチ。
これを提供することが大事である。

今まで、デザイナーの仕事は仕様が企画により仕様が確定し、それにたいするデザインのアプローチをしてきた。
しかし、現在デザインは思考プロセスのひとつとして上流に移行している。

プロセスやアイデアの共有を促し、チーム全員が互いに学び合える環境をつくり
チーム全員でスタート時から考えを発散し共有する。
「いかなる個人の力より、全員の力のが賢い」
そう筆者も言っているがその通りだ。

まだ、過去の思考でデザイナーの仕事をしている職場がほとんどである。
今後はデザイン思考を上流に移動させる必要があり、誰もがデザイナーの思考を身につける必要がある。

それに対するIDEOの事例や、感覚、ヒントが本書には記されている。
この本によって、デザイン思考による仕事ができるわけではない。
デザイン思考へのスタートをきれる本だと個人的には感じました。

デザイナーではない職種の方でも必須の知識だと思います。
デザイン思考は職種関係なく、すべての方に必要だと。
ぜひ、読んでみてください。


スポンサーサイト

テーマ:WEBデザイン - ジャンル:コンピュータ

<<クラウドファンディングとは? | ホーム | OOCSSとは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanamehackday.blog17.fc2.com/tb.php/290-6e7c8f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。