新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


try-catch文の例外処理について


try{
// 通常処理
} catch(final Exception e) {
// 例外処理
}


上記のように、catchしたいExceptionにfinal修飾子をつける時とはどんな時が予想されるのか?

既存のソースを修正していたら、上記のようなコードを見つけましたが
正直finalをつける理由がみつかりませんでした。

結論としては
eclipseの自動挿入機能で勝手に入る可能性。
コーディングチェックツールなんかのワーニングをなくすため。

このfinal修飾子にはほとんどの場合で意味がないためいらないという結論に至った。

意味のないコーディングは修正者を惑わせる。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

<<Analys 口コミだけで高額収入もらえる副業 | ホーム | スタブとモックの違い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanamehackday.blog17.fc2.com/tb.php/269-f40b5343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。