新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


■rsyncとscpについて

rsync(あーるしんく)とscp(エスシーピー)
自分は基本scpしか知りませんでした。
しかし、scpよりもrsyncの方が高機能で良いよという話を聞き、rsyncって何?
と思い調べてみることにしました。

rsyncとは?
ファイル同期ソフト。
主にUNIX系OSでバックアップ時に使用する。
SSH経由でリモートバックアップができたり、除外ファイルを正規表現で指定できたり、新規ファイルだけをバックアップできたりするので、非常に便利なソフト。

scpとは?
ecure CoPy の略で,SSH を利用した暗号化されたファイル転送手段のひとつ

お互いファイル転送等にも使用できるとても便利なソフトです。

ではrsyncとscpに違いって何でしょうか?
またscpに比べrsync良いというのはなぜでしょうか?

まずscpですが、
これは転送先のサーバに同名のファイルがあると、そのファイルを open して転送を開始します。
そのため、転送している最中にそのファイルがアクセスされると、中途半端な内容が読み込まれる可能性があります。
また、何らかの原因で転送が中断された場合( Ctrl + cなど )、転送先のファイルは壊れてしまう可能性があります。

それに比べrsyncは
転送時は一時ファイルにデータを書き出し、転送が完了してから mv します。
そのため、転送中のファイルにアクセスされても問題ありません(転送前のデータが表示されるだけ)。
また、転送が途中で中断された場合、転送が完了するまでは一時ファイルに書き出すため、ファイルが壊れることもありません。

なので大事な場面では安全面も考え、scpではなくrsyncを使用するほうが安全であることがわかります。

以上rsyncとscpの違いについてでした。
スポンサーサイト

テーマ:ネットワーク - ジャンル:コンピュータ

<<今更オセロの必勝法とか・・・ | ホーム | Windows7の「7」ってなに?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanamehackday.blog17.fc2.com/tb.php/229-d75c3ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。