新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


今更ですが、よくwebサイトのURLの頭にある「http://」このhttpとはなんなのか?

そしてたまにある「https://」とは?

http://とhttps://の違いはなんなんだろうか?

とういところについて今日は調べてみました。

なんとなくはわかっているが、普段あまり気にしていないので詳しく知っていない人もいるかと・・・

まず

■httpとは
読み方 : エイチティーティーピー
フルスペル : HyperText Transfer Protocol

HTTPとは、Webサーバとクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するのに使われるプロトコル。
HTML文書や、文書に関連付けられている画像、音声、動画などのファイルを、表現形式などの情報を含めてやり取りできる。
IETFによって、HTTP/1.0はRFC 1945として、HTTP/1.1はRFC 2616として規格化されている。

web上でインターネットをやり取りするためのプロトコル(規約みたいな)のこと。
前回の記事でも話しましたが、このhttp://の//(ダブルスラッシュ)が本当はなくすことができたらしいです。


ではhttpsとhttpに「s」がついたものはなんなんだろうか?

■httpsとは
読み方 :エイチティーティーピーエス
フルスペル :Hypertext Transfer Protocol Security

HTTPSとは、Webサーバとクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するのに使われるプロトコルであるHTTPに、SSLによるデータの暗号化機能を付加したプロトコル。
サーバとブラウザの間の通信を暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号などを安全にやり取りすることができる。
Netscape NavigatorやInternet Explorerなど主要なWebブラウザが対応していることから、WWWにおける暗号化の事実上の標準となっている。
SSLはNetscape Communications社が提唱した暗号化プロトコルで、HTTP以外にFTPやTelnetなどのプロトコルの暗号化にも使われる。

用はhttpよりもセキュリティ情報のやり取りに特化したプロトコル。
銀行などのクレジットカード情報のやり取りは通常のhttp通信では危険なため、暗号化させて外部から読み取られないようにhttps通信にてやりとりを行います。

また、「https」で通信しているときは、最近のブラウザであれば下の方に鍵のマークが出ていると思います。この鍵のマークをダブルクリックすると、実際に暗号化された通信をしているかどうかの確認ができます。

カード取引を行うときに怪しいなと思ったら、鍵マークから確認してみましょう。

以上、httpとhttpsについてでした。
スポンサーサイト

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

<<Windows7の「7」ってなに? | ホーム | テストファーストについて考えてみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanamehackday.blog17.fc2.com/tb.php/227-b5d44114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。