新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


Google Adsenceの収益なんてこのブログではほとんどありませんが、ちまたに転がっている情報を集めてみることにしました。

今回は「よくクリックされるGoogleAdSenseの条件3つ」

参照元はGAZINE

これを試しに実行してみた結果、今まで1日10ドルだったのが1日700ドルに!
最終的には1日1700ドルの売り上げになったとのこと.
その方法について紹介します。

GoogleAdsense担当者のブログからの実例に基づく効果的な最適化の報告です。

http://adsense.blogspot.com/2006/04/meet-ivan-optimiser-but-please-no.html


この例によると

・最初は468×60サイズのバナーをページ最下部に配置、これをまず300×250の中間ほどの大きさのレクタングルに変更。

・配置場所を各コンテンツの一番上と一番下にそれぞれ変更。

・色合いを補色で構成。

これで1日10ドルから1日100ドルに上昇させることに成功したと言う。

最終的にはページの上と下から、ページの真ん中、つまり記事の途中に埋め込むタイプの広告に変更。
これで1日700ドルから1日1700ドルになったということのようです。

まとめると、以下の3つの条件を当てはめればかなり改善すると言うこと。

1.幅の広い広告フォーマットを選ぶ


多くの広告代理店の調査によると、同じ場所であれば、468×60よりも728×90のサイズの方が約7割ぐらい収益は上がるそうです。そのため、できるだけ幅が広いもの、あるいは面積の大きいものを選ぶのがよいとのこと。縦長のものを選ぶのであれば、できるだけ幅の広い縦長のものを選ぶのがコツのようです。

2.ページの真ん中、あるいは一番最後に置く


これはニュース記事やレビュー記事に効果的な方法。これはページビューが少ないときでも有効な方法で、GoogleAdsenseはページの内容の文脈によって広告内容が変化するため、文中や文末であればその内容に一番マッチした広告となり、クリック率が上昇するという仕組みのようです。逆にページビューがかなりある場合には、インプレッション型収益を目指して、ページのトップやページ右側の柱に置くと良いそうです。

3.ページのカラーと調和させる


これはGoogleAdsense利用者のほとんどが行っているであろうと思われる「ページにとけ込ませる」というものとは意味が違います。特に効果があるのは「補色」で広告の色を決めること。例えば黒い背景にはピンク色など、補色のパターンというのは決まっています。ページの背景ととけ込ませるべきなのは広告との境界線及び背景色であり、文字列自体はできるだけ補色で目立たせる方がよいようです。



結局はクリックされるサイト、ブログを作るのではなく、まず多くの方に指示されるコンテンツを作らなければ意味がないと言う事。
少しでも人に必要とされるブログになればいいかなと思います。



スポンサーサイト

テーマ:Google Adsence - ジャンル:アフィリエイト

<<ジョジョ風のプロフィール画像作成ツール『JoJo顔Maker 1.0』 | ホーム | JavaScriptコードを整形する「Javascript beautifier」>>

コメント

なかなか役立ちそうです。

私もアフィリエイトをしているので参考にしてみます。
有益な情報ありがとうございます。

http://dtibusiness.blog63.fc2.com/
  1. 2009/08/05(水) 00:15:20 |
  2. URL |
  3. dtibusiness #-
  4. [ 編集 ]

Re: なかなか役立ちそうです。

お役にたてて光栄です。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2010/11/07(日) 01:37:08 |
  2. URL |
  3. kaname #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanamehackday.blog17.fc2.com/tb.php/201-c85e72cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。