新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくブログを開設しました。

Webエンジニアがデザイナーになってみる。


Windows7の「7」ってなに?

Windows7がリリースされました。

Windows7は以前と比べて多種多様な機能がそろっています。
以前のWindows Vistaのように重い使い辛いというデメリットをうまく解消し、機能改善をしました。
今回の機能で気になるのは、iPhoneのタッチパネルのように、マウスボード?をゆびで広げたり狭めたりすると拡大縮小ができたりします。

…まあそんなことはおいて置いて

今回、気になったのは

Windows7の「7」ってなに?

ということです。

調べてみました。

答えは

「Windowsとして7番目のリリース」だから

だそうです。

しかし、気になるのは「7番目?」というところです。

リリースしたWindowsを調べてみると

Windows 1.0
Windows 2.0
Windows 3.0
Windows NT
Windows 95
Windows 98
Windows 98 SE
Windows Me
Windows 2000
Windows XP
Windows Vista

これではWindows12です

その原因はコードバージョンによる違いということ
以下Windowsのコードバージョン

Windows 1.0 → 1.0
Windows 2.0 → 2.0
Windows 3.0 → 3.0
Windows NT → 3.1
Windows 95 → 4.0
Windows 98 → 4.0.1998
Windows 98 SE → 4.10.2222
Windows Me → 4.90.3000
Windows 2000 → 5.0
Windows XP → 5.1
Windows Vista → 6.0

ただし、Windows 7のコードのバージョンは実際には6.1らしく

製品名は「Windows 7」だが、cmd.exeやコンピュータプロパティに表示されるバージョン番号は「Windows 6.1」となるそうです。

これは、Windows XPのときと同様、バージョン番号を大きく変えるとアプリケーションの互換性問題が起きるためということ。

…ではWindows7にする必要はなかったのでは…。

結局7の理由はわかりましたが結果は微妙でした。
スポンサーサイト

テーマ:Windows 7 - ジャンル:コンピュータ

次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。