FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニット別のクリック率は平均して0.5%~2.0%


具体的な報酬額についてはコンテンツ、アクセス数、ページレイアウト、広告掲載サイズ・タイプ、ウェブポジションなどのさまざまな要因により違いがあります。
しかし、平均的のクリック保証型のクリック率(CTR:広告ユニットのクリック数を広告の表示回数で割った値)は1ヵ月平均で0.5%から2.0%に集中しています。その中でも一番多いのは「1%」です。
成果報酬型のアフィリエイトにおけるイメージ広告の平均クリック率は、平均すると1%未満という話ですので比較するとクリック保証型でテキスト広告の方がクリック率が高くなる傾向があるようです。
また、クリック単価で言うと、通常のアフィリエイトは1クリック1円もしくはo円ですので、Googleアドセンスは破格のクリック保証型アフィリ栄とといえます。



アクセス数が増えすぎるとクリック率は低下する


アクセスが増えれば増えるほどクリックも増え、収益額も増加するのではないか?その考え自体は間違っていません。ただし、アクセス数(PV)が大きく増加したからといって、それに比例して収益が多くなるわけではないということです。
検証結果によると、アクセス数が少ないとクリック率は低いが、ある一定のアクセス数を超えるとクリック率がピークを迎えます。そのぷー区のアクセス数が明らかではありませんが、1日1000~2000アクセスという説があります。その値を超えると緩やかにクリック数は減少し、Yahooなどのポータルサイトとなるとクリック率は1%以下となるそうです。




アフィリエイトで月額1万円以上の収入を得ているのは1割


表題のとおり、アフィリエイトで月1万円以上の収入を得ている人は1割りしかいないと言われています。ということは残りの9割りは月に1万円未満の収入しか入っていないということです。
ネットに出回っている情報商材などで「これをやれば月40万円」「1日5分で月10万円」など多数ありますが、実際にはそんなことはないということです。 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Google Adsence - ジャンル:アフィリエイト

Google Adsenceの収益なんてこのブログではほとんどありませんが、ちまたに転がっている情報を集めてみることにしました。

今回は「よくクリックされるGoogleAdSenseの条件3つ」

参照元はGAZINE

これを試しに実行してみた結果、今まで1日10ドルだったのが1日700ドルに!
最終的には1日1700ドルの売り上げになったとのこと.
その方法について紹介します。

GoogleAdsense担当者のブログからの実例に基づく効果的な最適化の報告です。

http://adsense.blogspot.com/2006/04/meet-ivan-optimiser-but-please-no.html


この例によると

・最初は468×60サイズのバナーをページ最下部に配置、これをまず300×250の中間ほどの大きさのレクタングルに変更。

・配置場所を各コンテンツの一番上と一番下にそれぞれ変更。

・色合いを補色で構成。

これで1日10ドルから1日100ドルに上昇させることに成功したと言う。

最終的にはページの上と下から、ページの真ん中、つまり記事の途中に埋め込むタイプの広告に変更。
これで1日700ドルから1日1700ドルになったということのようです。

まとめると、以下の3つの条件を当てはめればかなり改善すると言うこと。

1.幅の広い広告フォーマットを選ぶ


多くの広告代理店の調査によると、同じ場所であれば、468×60よりも728×90のサイズの方が約7割ぐらい収益は上がるそうです。そのため、できるだけ幅が広いもの、あるいは面積の大きいものを選ぶのがよいとのこと。縦長のものを選ぶのであれば、できるだけ幅の広い縦長のものを選ぶのがコツのようです。

2.ページの真ん中、あるいは一番最後に置く


これはニュース記事やレビュー記事に効果的な方法。これはページビューが少ないときでも有効な方法で、GoogleAdsenseはページの内容の文脈によって広告内容が変化するため、文中や文末であればその内容に一番マッチした広告となり、クリック率が上昇するという仕組みのようです。逆にページビューがかなりある場合には、インプレッション型収益を目指して、ページのトップやページ右側の柱に置くと良いそうです。

3.ページのカラーと調和させる


これはGoogleAdsense利用者のほとんどが行っているであろうと思われる「ページにとけ込ませる」というものとは意味が違います。特に効果があるのは「補色」で広告の色を決めること。例えば黒い背景にはピンク色など、補色のパターンというのは決まっています。ページの背景ととけ込ませるべきなのは広告との境界線及び背景色であり、文字列自体はできるだけ補色で目立たせる方がよいようです。
続きを読む

テーマ:Google Adsence - ジャンル:アフィリエイト

公共広告の代わり?



いまやアフィリエイトプログラムの代表格と言っても良いくらいの普及度を見せる、Google AdSense。


このAdSenseをメインに利用しているアフィリエイターにとって、恐らく気になるものの一つであろう、「公共広告」。

全く収入が入ってこないこのボランティア的広告

Googleはこの頭痛の種である公共広告が表示される場合に、代替広告を換わりに表示させられる仕組みも用意しています。

この代替広告は自作します。

AdSenseの公共広告を自作した代替広告にすることで、

Amagle等のサービスに頼らずに収入やアクセスを伸ばすことができます

それはAdSenseの代替広告に、AdSenseを表示させることです。




AdSenseの公共広告の代替に、AdSenseを表示させるのは規約違反?


いいえ、この方法は利用規約に反しません。



方法


<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
</head>

<body bgcolor="#XXXXXX(背景の色を16進数で)">

<div align="center">

ここにAdSenseからコピーした紹介プログラムのコードを書く。
その際、元となる広告の大きさに合うものを選ぶのを忘れずに。

</div>

</body></html>

要は、広告プログラムを表示させるだけのHTMLを組むこと。


テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

1. Google AdSenseプレビュー ツール

GoogleAdSenseプレビュー ツール。
IEのプラグインでインストール。右クリックで、現在表示されてるページにGoogle AdSenseを貼り付けたときに表示される広告一覧を表示してくれます。

2. Google AdSense Sandbox Tool

Google AdSenseプレビュー。
URLを入力して「Display Ads」ボタンをクリックするとそのページに表示される広告一覧が見れます。

3. Adsense Notifier
Firefoxのアドオン。
Google AdSenseのID、パスワードを登録すると、Firefoxに現在のGoogle AdSenseの状況、収益を確認できる。

4. AdsenseCalculator form

Google AdSenseの一日の表示回数、クリック数、CTR、CPM、収益額を入力すると、1週間、1ヶ月、1年の収益を計算するツール。

5. Google Adsense ブラックリスト日本版 Beta

フィルターにかけると、クリック単価の低い広告だけを表示されないようにもできるので、クリック単価の高い広告のみを表示することが可能。

6. ADS BLACK LIST

Google Adsense ブラックリスト日本版 Betaのサイト。
クリック単価が、$0.01 - $0.05(1円~6円)の広告をブラックリスト化し、そのURLをGoogle AdSenseの「フィルタ」に入れて収益を50%ほど引き上げる事を目的としている。

テーマ:★グーグルアドセンスで稼ぐ★ - ジャンル:アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。